広尾【ローストホース】コロナで大変だから値段を上げたのに内容を豪華にしたらプラマイゼロじゃん。4.225

フィリポビッチ(@filipovic41)です。

 

 

コロナの脅威が依然として飲食店を脅かしています。

僕らお客さんも、コロナの感染リスクを冒してまで無理に外食をしたいとは思いません。

 

 

が。

 

大好きな、大切な飲食店にはお金を落としたいんですよ。

 

なんのためにお金を稼いでいるのかっつったらさ、美味しいものを食べるためなんですよ。

大好きなお店は美味しいものを食べさせてくれます。だから大好きなお店を少しでも助けないといけないわけで。

緊急事態宣言解除以降、飲みに行くことはかなり減りましたが、こういうときに大切なお店に訪問できないのは苦痛そのものでした。

今回、嫁に背中を押されて、完全会員制の馬肉専門店ローストホースに行ってまいりました。

広尾【ローストホース】久しぶりに訪問したので感動が余計に強まりました。4.25

広尾【ローストホース】2019年2月のコースで久々にハラミが食えた!!4.25

何回行ったかもう数えきれないけど、何回行っても感動するんですよね。

相変わらずの恐ろしいクオリティ!ローストホース!

【コロナの影響】

まず、コロナの影響が4つあります。

  1. 席数を減らしている
  2. 飲み放題付き税込11,000円→16,500円
  3. 値段が上がった分クオリティが上がってる
  4. オーナーの平山さんが帰ってきてる

席数は減っているものの、予約は以前よりも取りやすくなった印象です。

また、値段は上がったものの、クオリティも一緒に上げてます。これだとお店の利益が大きく増えるわけではないので心配です。

僕としては、今までのクオリティでも良いから無理せず健全に経営できるようにしてもらいたいもんですが。。

ローストホースのお客さんの満足第一の価格設定には頭が上がりません。

あとね、めちゃくちゃ久しぶりにオーナーの平山さんがいました。

ずっとベトナムでビジネスやってたみたいですけど、コロナのせいで帰ってきてます。

みんなこの人の作るお店に魅了されて会員になった人たちですからね、久しぶりに会えたのは嬉しい。

 

相変わらずの人たらしでした。

 

【絶品コーススタート!】

というわけで、僕らお客さんは思いっきりコースを楽しむまでです。

2020年8月21日(金)、21時00分、2名。

あぁ・・・いつものセットが久しぶりすぎて涙出るわ。

久しぶりのアウグスビール。

 

うんまっ。

 

コクとキレと爽やかさのバランスが絶妙なんですよねこれ。

とうもろこしのスープ

北海道産のとうもろこしをペーストにして作ったスープ。

甘すぎて水で薄めてるらしい。

いや、確かに甘すぎるし旨すぎる。

馬肉豆腐

しんどすぎる。

 

旨すぎる肉豆腐。

上に乗ってる馬肉のレベルはさ、いつも通り最高レベルなんですけどね。

 

この豆腐がちょっとヤバい。

所沢で、豆から作ってる豆腐屋の豆腐なんですって。

大豆の香りが圧倒的。塩で軽い塩味がついてるんだけど、これだけであまりにも旨い。

 

この豆腐が1丁あれば泥酔できると断言しよう。

肉素麺

馬刺しが来たかと思ったら。

肉素麺ですって。

 

これ、マグロ節を氷にして入れてあるんだって。なにしてんすか。

肉だって1kg50万円の三角バラを使用してるわけで。もう贅の極みですわ。

 

出汁で食べる馬肉の旨さを教えてくれたのがローストホース。

ここまでの3品だけでもかなり驚きと満足感が。

ハイボールに切り替え完了。

馬タン

この上質なタンを塩昆布とオリーブオイルだけで。

 

噛めば噛むほど旨い。

塩昆布の旨味たっぷりの塩味がほんのり。

オリーブオイルの香りも良くて、これは素材を活かし切った逸品。

タテガミの軍艦と三角バラの握り

早々にお寿司たちが。

久しぶりに食べるタテガミの軍艦。

至高とはこのこと。

こちらもいつ食べても絶句するよね。

馬肉そのものの甘みがすごい。

食べると静かになる。

馬刺し盛り合わせ

奥の三角バラがさ、いつもよりも上質な気がしたんですよ。

脂の甘みと肉の旨みがいつもよりマシマシだった。

シャーベットon the馬肉の薫製

馬肉を薫製にして表面を焼いたものにシャーベットを。

 

こんな謎の組み合わせ、僕の人生では一度も思いつかず死んでいくに違いない。

 

薫製と焼きの香ばしい香り、シャーベットの甘さの組み合わせが絶妙。

バラとカイノミ

シンプルに馬刺しが来ました。本当ならこれだけでも満足するんですよ。

そもそも馬肉そのものが美味しすぎて、それを存分に感じる1皿。

 

カイノミをガムとして一生噛んで飲み続けたい。

馬ハム黄桃とお酒のマリアージュ

衝撃。

 

この馬ハムを乗せた黄桃を口に運び。

日本酒と梅酒のブレンドで追いかける。

 

すげえ!!!!

 

この一言に尽きる。本当にすごい。

マリアージュ。

口の中で料理が完成するやつね。

流石あの燗酒Bar Gatsで修行した店長のお酒の合わせ方。

「これ、正直わからないお客さんも多いんだよね。」と店長の島田さん。

そらそうよ。口の中で衝撃が起きてるから理解に時間がかかって当然。

レバー&ハツ

レバーの旨さが過去最高を更新。

 

この写真を見ればわかると思うんだけど、角が尖ってるでしょう。

切った後に角が無くならないのは鮮度が高い証拠。もちろんローストホースのレバーはいつもこういう状態だけど、今回のは過去最高だった。

咀嚼してる間ずっと「ジャキッ!ジャキッ!」って音がするの。

ハツをオリーブオイルと塩で食べるのも、馬肉の旨味を直に感じられるからとても好きです。

一口すき焼き

これ。僕の今回のMVP。

 

焼きすきみたいなのって、最近いろんなお店がやってるけど。

これはもう完全に一口ですき焼きそのものを再現してるんですよ。

春菊やネギを既にクタクタにしてあって、これが口に入れた瞬間に香りを放つ。

白滝も入ってて、これはもう完全にすき焼き。

目隠しして食べさせられてもすき焼きだと言うでしょう。

 

そして抜群の旨さ。

 

全てのバランスが絶妙すぎて。

シャトーブリアンの低温調理

プロが本気で作る低温調理。

ラズベリーを乗せてあるようです。

 

低温調理という単語には非常に敏感な僕ですが。

【永久保存版】超簡単!低温調理の絶品レシピまとめ!

これは恐れ入りました。

 

肉の旨みが1mmも逃げていないんじゃないかってくらい。

ラズベリーとの相性も素晴らしい。

焼き野菜たち

ようやく焼き物。

この玉ねぎとエリンギを初めて食べたときは本当に衝撃を受けたものです。

 

今ではエリンギはローストホースのものしか食べません。

 

というくらいにこのエリンギを知ってしまうと他のエリンギが霞む。

玉ねぎも、塩で食べるだけでどうしてこれほどまでに旨いのか。

ちょうちん

これまでも何度も食べてきたちょうちんです。

ずっと食べ続けられるくらいあっさりしているのに肉々しくて、馬肉の良いところがたっぷり出てるお肉。

この本わさびの相性ね。

 

いつも思うんだけど、ここまで食べてきて、空腹の状態でもないのにここまで美味しいってことはさ。

空腹時に食べたらどうなっちゃうのって。

 

まあこれから始まるコースなんてありえないから、僕たちは想像することしかできない。

胸腺

こんなのは初めてです。

胸腺は何度か出てきたけど、こういう形では食べたことがない。

 

そしてこれがまたすごい。

 

肉の白子というのでしょうか。

中はものすごくジューシー。噛んだ瞬間に肉汁がドバッと出てくる。

ホルモンのような独特な味がまたたまらない。食感は白子のようなふわふわな感じで、これは完全に初体験。

めちゃくちゃ旨いです。

馬肉ちらし

待て待て待て待て。

 

これだけで5,000円とかそれ以上のレベルなんじゃないの。

あれ?しかもこれ2名分だよね?

ヤバいって。ヤバいって。

うわああああああああああ!!

 

けしからんよねこんなの。

とんでもない旨さ。

味噌汁とも抜群に合う。

 

こんな豪華な締めアリかよ。

かき氷

こちらも黄桃を使ったかき氷。

いつものふわふわなかき氷です。

スイーツ専門店レベルの美味しさです。

本当にありがとうございました。

総括

というわけで、今回から値段が上がったのに、クオリティも上げてきてました。

もう少し利益をとった方が良いと思います。

が、僕らが決めることではないので、僕らにできることはたくさんお金を落とすことですね。

 

味・・・4.2

サービス・・・4.2

雰囲気・・・4.2

コスパ・・・4.3

総合・・・4.225

 

必ずまた伺います!

ご馳走様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です