柏【ペック バル デ エスパーニャ】駅近の美味しいスペインバルでワインが止まらない。3.625

フィリポビッチ(@filipovic102)です。

 

 

懐かしの場所で飲むというのは、なんともセンチメンタルでノスタルジックなものでして。

それだけでお酒が進みます。

 

柏駅というのはまさに僕にとってそういう場所で。
ものすごく久しぶりに柏駅で飲むことに。

柏駅は飲食店が多くて、旨い店もそれなりにありまして。
今回訪問した【ペックバルデエスパーニャ】には一度行ったことがあります。

 

リーズナブルに美味しく飲めるスペインバルという印象だったけど、それほど記憶に残ってませんでした。

 

今回訪問して、かなり良いお店なんじゃないかと。

そう思った次第です。

スペイン料理とワインが旨い!ペック バル デ エスパーニャ (PEC bar de España)!

2020年2月10日(月)、20時50分、4名。
僕以外の3名は先に飲んでます。

席も満席で賑わってる。

なんせ翌日が祝日ですからね。

【パエージャ】


パエージャ、そうそれはパエリア。

 

イカ墨のパエリアです。

これがめちゃくちゃ旨くて。

イカの旨み抜群で、米は良い歯応え。
アリオリソースがまた良い仕事してる。

写真は取り分け後のものです。

【ムール貝のサルサヴェルデ(1000円)】

サルサヴェルデっていうのは、パセリを使ったソースです。

このムール貝の出汁がよく出たソースがたまらんです。

ワインがどんどん進むやつ。

 

これで1000円というのはコスパが高い。

【タコのガリシア風(800円)】


これ、意外にクセになる。

 

タコの茹で加減がよくて、食感が抜群。

パプリカ粉と塩とオリーブオイルで味付けされたシンプルなやつ。
じゃがいももホクホクで良い感じ。

お酒を飲むのにめちゃくちゃ丁度良い。
これは一つ頼んでおきたいところ。

 

というか、この日も2つ頼んでます。

【ローストポーク(1200円)】


これに驚愕しました。

 

どうやって火入れをしてるんだろう。

恐ろしく柔らかくて、目隠しして食べさせられたら生肉かと疑うほど柔らかい。

まあ目隠しして食べさせるような人なんていないんだけど。

味付けはものすごく控えめ。
肉の濃い味を楽しめる。

 

上質な脂がジュワッと出てくるような、素晴らしいローストポーク。

 

肉が良いのか、火入れが良いのか。
まあどちらもでしょう。

1200円というのも良心的。

メニュー

総括

というわけで、旨い料理が安く食べられるスペインバルでした。
柏で飲むときの選択肢に間違いなく入るお店であることは間違いない。

 

 

味・・・3.6

サービス・・・3.6

雰囲気・・・3.6

コスパ・・・3.7

総合・・・3.625

 

ご馳走様でした!!

お店情報

関連ランキング:スペイン料理 | 柏駅

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です