千葉【リストランテ サクラ】千葉の有名イタリアン。味、雰囲気、ホスピタリティ、コスパ、全てにおいてハイレベルの名店でした。4.05

フィリポビッチ(filipovic102)です。最近あまりにも思うがままに食べ続けていて病気になりそうなので、生活の見直しを図りたいと思っています。

まあ運動ですよねやっぱ(´・∀・`)

数年前は1ヶ月に100km走ったりしていたのに、最近は3km走るとすぐに飽きて帰ってきます。筋力と体力をこのブログと共に成長させていきたいです(・∀・)

誕生日祝い

2018年3月21日、僕の誕生日のお祝いがスタート。
この日は僕と嫁と僕の母親の3人でランチをすることになっていました。

場所は、ずっと行ってみたかった千葉の【リストランテ サクラ】。
生まれてきた甲斐があったってもんです(・∀・)

千葉で食べログ3.92を誇る(2018年4月1日時点)、千葉県屈指のイタリアンです。

こちらのオーナーさん、どうやらみつわ台にある超人気【イタリアン アルベロ】をプロデュースした方だとか。

まてまて、みつわ台のアルベロって、食べログ3.99(2018年4月1日時点)の超有名店じゃないか。

これは良店の予感…。

この日は僕の誕生日を祝う日だというのにもかかわらず、寒さを感じる程の暴風雨。
一体どうなってやがる。

11時半に予約をしてほぼ時間通りに到着。
すると、早速オーナーの方が親切に案内をしてくれます。
傘とコートを流れるように預かってもらい席へ。

高級感と清潔感のある店内、それでいて落ち着きます。

まずはスパークリングワインで乾杯(・∀・)
お祝い感が出ますね。

さて。

コース料理スタート!

新玉ねぎのポタージュです。イカの墨煮がインザスープ。

玉ねぎの甘みにイカの塩気が丁度よく合います。美味しい。

次に前菜の盛り合わせが到着。左の明るい色の物は、燻製のチーズが乗って、赤ワインのソースで食べるパプリカのフィナンシェ。嫁がかなり気に入った様子(・∀・)

手前が鴨のロースト

真ん中にタラのコロッケ

すごくクリーミーで下にあるバジルソースもよく合います(・∀・)うまい!

あと、右側がッと茹でられた寒ブリ。右奥は海老のカルパッチョが入ったコンソメのジュレとクリームチーズ?的な

左奥は子牛の何か。これも美味しかったです。

全部美味しくて、食べてしまうのがもったいなくてゆっくりと食べました。

あ、そうそう、ふわふわの自家製のフォカッチャも登場してます。

そしてなんと。

パスタが2種類来た。

なばなと魚介のパンチェッタとトマトソースパスタ。

もうこれだけでコース終わるかと思うくらいしっかり量が出てきて、しかも両方めちゃくちゃ美味いんですよ

特になばなと魚介のパンチェッタは、魚介の出汁が効いててシンプルにガーリックと塩で仕上げたような感じ。そこになばなの苦味が丁度よくマッチしてて絶品でした(・∀・)!

そして、今度はメインで肉と魚の両方が登場。なんというわがままコース。

牛ほほ肉の赤ワイン煮と真鯛のポワレ?カレーソースでした。

特に真鯛の方が僕は好きでした。

あと、写真に少し違和感を感じるかもしれないけど、僕のメイン料理の量は1.5倍です。

コースが進んでいくと、オーナーさんがお客さんのお腹の空き具合を確認してくれて、僕の母親の分を少量に、その分僕のお皿に足してくれました。

ありがたいお気遣い。

ちょっと全部を把握し切れなくて大変だったけど、そんなことよりもめちゃくちゃ美味しくてたまらんのですよ。
パスタも主菜も2種類ってどういうことよ。

もうお腹いっぱいの大満足ですよ。

そしてやはりここのオーナーさんは只者じゃない。

丁寧に料理の説明をしてくれるし、ドリンクが空きそうになったらベストタイミングで声を掛けてくれるし、こちらが声をかけようかなと思う直前に全て先回りしてくれる

しかも。

声がめちゃくちゃ良いんですよ。

ラジオDJのようなダンディーな声で、落ち着いた話し方で、ものすごく丁寧な接客です。

ホスピタリティが高級ホテル並み。それでいていやらしくない。リラックスして食事ができます。

あと、途中で頼んだ南アフリカの白ワインがめちゃくちゃに美味しかった。オーナーさんのオススメだそうな。

総括

料理もお酒も美味しい。ホスピタリティも完璧。コストパフォーマンスも高い。

あとお皿も素敵なものが多かったです。

すごいお店が千葉にあったもんですね。

味・・・4.0
サービス・・・4.2
雰囲気・・・4.0
コスパ・・・4.0
総合・・・4.05

そうそう、嫁と母親がね、料理がめちゃくちゃ多かったもんだから、フォカッチャを残したんですよ。

そしたらこれ。

オーナーさんから「お土産です」って。

なんとチャーミングなことをしてくれるんでしょう。素敵です。

これはまた来なくてはいけませんね!
ご馳走様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です