津田沼【健勝軒】津田沼で麺屋こうじグループのラーメンが食べられるのはここだ!3.325

フィリポビッチ(@filipovic41)です。

 

 

インフラっていうのは、あるだけで安心するもので。
実際僕は津田沼に住んでいながら、新京成線は年に1度乗るか乗らないかというレベルなわけで。

津田沼にはそういうラーメン屋があるんですね。

 

それが健勝軒。

麺屋こうじのグループのお店ですね。

年に一度行くか行かないかっていうお店なんだけど、選択肢としてあるのが安心感。

駅近で、こってりした魚介系のラーメンとつけ麺、そして角ふじ麺が食べられるお店なんですね。

すごく美味しかったという記憶はないものの、何故だか行きたくなる瞬間がある。
そんなお店。

麺屋こうじグループのラーメンが津田沼で食べられる!健勝軒!

2021年3月12日(金)、19時15分、1名。
津田沼の北側から出て、新津田沼方向の線路沿いにあるお店。
狭くて清潔感がある方でもないので、女性はめちゃくちゃに入りにくいですね。

外に設置されている食券を購入して入店。
先客は3名。
いつも人は入ってるんですよね。

食券を渡して待つこと8分程度。

【濃厚中華そば(中)(880円)+ご飯(120円)】

こういうラーメン、久しぶり。
もはや古き良きラーメンというレベル。

長ネギがパラパラと乗せられてるのが、なんだか悪くない。

スープはかなりどろっとしていて粘度が高い。
つけ麺のつけ汁かってレベル。

THE魚介豚骨っていう味。
麺は太めで小麦の香りがかなりします。

ドロドロのスープがよく麺に絡みます。

このチャーシューはかなり美味しいです。

トロットロで箸で持つと崩れてしまうほど。

炙ってあって香ばしい。

ご飯にはこのチャーシューが抜群に合います。

角ふじ大(900円)

何度かこの角ふじを食べに来たこともありましてね。

これは何年も前の写真ですが。

かなりニンニクの効いたパンチのあるスープでした。

津田沼だったらこの手のラーメンなら無限大へ行くと良いです。

メニュー

総括

最近は洗練されたお洒落で美味しいラーメンが蔓延ってますからね。
たまにはこういう大味なラーメンも落ち着くというか。

 

失礼ながら、すごく美味しいとかではないです。

 

でもなんかたまーに食べたくなる。

 

味・・・3.4

サービス・・・3.3

雰囲気・・・3.3

コスパ・・・3.3

総合・・・3.325

 

麺屋こうじのグループのこのタイプのラーメンが選択肢にあるというだけでありがたいことです。

きっとまた来てしまう気がする。

ご馳走様でした!

お店情報

関連ランキング:つけ麺 | 津田沼駅新津田沼駅京成津田沼駅

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です