【食べ過ぎ危険】低温調理したチャーシューで作ったチャーシュー丼が素晴らしすぎた。

フィリポビッチ(@filipovic102)です。

 

 

以前にも低温調理器を使ってチャーシューは作ったんだけども。

お店のクオリティ!低温調理器ANOVAで作る超しっとり極ウマチャーシューレシピ!

最近は少しずつ改良したり、いろんな食べ方を試してみたり。

 

今回は最近改良したレシピで作ったチャーシューを使って。

 

チャーシュー丼を作ってみました!!

 

いや今回のチャーシュー丼はマジでお金取れるレベルで旨かった。

自信作。

準備するもの

調理器具
  • ずん胴の鍋
  • ジップロック
  • ANOVA
材料
  • 豚肩ロースブロック
  • 長ネギの青い部分
  • 長ネギの白い部分
  • 卵1個
  • ご飯

【タレ(低温調理用)】

  • 醤油大さじ2
  • 砂糖大さじ1
  • オイスターソース小さじ1
  • おろしニンニクチューブ(ほんの少し)
  • 生姜チューブ(ほんの少し)

【タレ(直前にかける用)】

  • 醤油大さじ2
  • みりん大さじ2
  • 砂糖大さじ1
  • 生姜チューブ(ほんの少し)
  • 水大さじ1
  • 酒大さじ1

 

低温調理器はもちろんいつものアノーバ。

 

 

ボニークも良し。

 

みなさんお好きな低温調理器を。

手順

手順はいつもの通りテンプレ。

 

ANOVAで設定した温度のお湯にぶっ込んで待つだけ。

①ずん胴の鍋に水を入れて、ANOVAをセットし、温度と時間を設定しておく(温度が上がるまで時間がかかる為)。

低温調理で一番大事な温度と時間。

 

58℃で9時間。

 

ローストポークも9時間にしたけど、長時間にすることで脂身も柔らかくしてしまう。

さっぱり仕上がるんです。

②下味を付けてジップロックで密閉してANOVAへIN!

スーパーで一番安い豚肩ロースで問題ない。

※写真は今回の写真じゃないんだけど、使っている肉が決して良いものではないことの参考に

 

軽く塩胡椒を振ったら。

ネギの青い部分と、醤油、オイスターソース、砂糖、おろしニンニクを入れて密閉。

 

これを鍋にIN。

③白髪ねぎ、温泉卵、タレを用意

低温調理終了直前に準備をするものです。

ちなみに温泉卵もANOVAで簡単に作れちゃうけど、今回は使ってません。

最後に丼にかけるようのタレは、フライパンに上記の調味料を入れてお酒を飛ばすだけ。

④時間が経ったら取り出して常温に戻して焼き目をつける

いつもの流れなので写真は撮りませんでした。

 

焼き目を付けるときにしっかり中まで熱が伝わってアクチンが出ちゃったら大変なので、常温に戻してから焼きます。

 

こうすることで、低温調理でしっとり柔らかくなってる状態を保てるわけです。

⑤肉を切って盛り付けてタレをかければ完成!

実食

うまそおおおおおおおおお!!!!

温泉卵が流れて奥の方に落ちていってしまったのはご愛嬌。

いや、自分でも驚くほど旨いんですよこれ。

 

 

マジですごい。

肉はもちろん柔らかくてしっとり。

パサつき一切無しで、まさに低温調理特有の理想的な食感。

 

かける用のタレを甘めで生姜を効かせたので、ご飯にもめちゃくちゃ合う。

 

これはマジでレベルの高いチャーシュー丼。

 

嫁も絶賛。

なんで今までこの食べ方をやらなかったんだろうか。

ランチで1000円以上取れるクオリティですね。

これがスーパーのめちゃくちゃ安いお肉で作れちゃうのは本当にすごい。

 

ANOVAさん半端ないっす。

まとめ

大成功。

 

これはリピート確定です。

次回のホームパーティーの締めに出しても良いかもしれない。

 

ちなみにですが。

今回チャーシューを一気に2つ作りましてね。

一つは冷蔵庫に保存しておいたんですよ。

 

 

実はこのチャーシュー丼、その後日のチャーシューを使った残り物レシピなんですわ。

 

 

こ、これが残り物だと・・・!?

ってなるよ。

 

次回はチャーシュー丼を食べるためにチャーシューを仕込んでみようかしら。

 

ぜひお試しあれ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です