【おもてなし料理】低温調理した牛モモのタリアータがとんでもなく旨い。

フィリポビッチ(@filipovic41)です。

 

お久しぶりの低温調理新レシピの公開でございます。

BONIQ先生が故障したり、なかなか納得のいく美味しいレシピができなかったりして、時間が空いてしまいました。

 

今回は。

 

 

タリアータです。

 

 

タリアータというのは、本来中まで火は通さないんですよね。

だけど今回は低温調理して火を通すわけです。

 

そう、実質ローストビーフです。

 

でも、ちゃんとタリアータ風になってますので是非。

準備するもの

調理器具
  • ずん胴の鍋
  • ジップロック
  • 低温調理器
材料

タリアータ4人分

  • 牛モモブロック(300〜400g)
  • ローズマリー(なくても可)
  • オリーブオイル(適量)
  • パルミジャーノレッジャーノ(適量)

ソース

  • バルサミコ酢(大さじ2)
  • 赤ワイン(大さじ2)
  • 醤油(小さじ1)
  • 砂糖(小さじ1)
  • 味の素(3振り)

 

【おすすめの低温調理器】

 

BONIQ2.0(公式ストア)

 

 

僕が現在愛用する低温調理器。

ANOVAを3年間使い倒したからこそわかるBONIQの素晴らしさ。

人気ですぐに品切れになるので予約が必須です。

僕の初代の低温調理器はANOVAですが、今は圧倒的にBONIQがおすすめです。詳細は↓の記事からどうぞ。

【必読!】BONIQ(ボニーク)のおかげで一家に一台低温調理器の時代が到来しました。

created by Rinker
¥19,480 (2020/05/13 01:42:08時点 楽天市場調べ-詳細)

手順

①鍋に水を入れて、低温調理器をセットし、温度と時間を設定しておく(温度が上がるまで時間がかかる為)。

今回のレシピは57.5℃、3時間。

 

タリアータですからね、本当はもっと短時間でも良いかも。

②いつもより良いお肉(牛もも肉)をローズマリーとオリーブオイルと一緒にジップロックへ

ちょっとお高めのお肉ですね。

普段こんなお肉を家で食べられるわけがない。

オリーブオイル、ローズマリーと一緒にジップロックへ。

オリーブオイルが全体に行き渡るようにね。

③低温調理が終わったら冷やす

はい、低温調理終了。

しっかり火が入っております。

冷蔵庫か氷水で冷やしておきましょう。

④キッチンペーパーで水分を拭き取ったら高温で表面を焼いてカットしていく

油が四方八方に飛ぶんでね、小鍋で焼いてます。

火は通ってるので、しっかりと焼き目がつけばOK。

素晴らしい火入れ。食べやすい大きさにカットしていきましょう。

⑤小鍋の油をサッと拭き取って、ソースを作る

お肉を焼いた小鍋を使ってソースの調味料を投入。

お好みのとろみがつくまで火にかけてソース完成。

⑥お肉にソースをかけて、食べる前にチーズを削ってかけて完成

ちょっと酩酊しながら作ってるんで、盛り付けは適当ですが。

 

すでにめちゃくちゃ旨い状態ではあるんですが。

食べる直前にパルミジャーノレッジャーノを削ってかければ完成。

実食

ふんだんにチーズを削りかけてやりましょう。

 

 

これが旨すぎて。

 

バルサミコ酢の酸味と、チーズの風味がめちゃくちゃ合うんですよね。

そして超絶しっとりのお肉の出来栄え。

最高としか言いようがない。

 

おもてなし料理に最適すぎますね。

お客さんの目の前で、こいつを使ってチーズを削ると沸きますよ。

ニンニクとか生姜とか、ちょっとすりおろして料理に入れるときにめちゃくちゃ便利なので、持ってなければ是非。

まとめ

最高のおもてなし料理でした。

どうしても牛肉の味はお値段に比例するんでね、頻繁には作れないとは思いますが。

 

クリスマスなんかには最高なんじゃないすかね。

 

低温調理でローストビーフを作りすぎてるんで、しばらくタリアータにシフトしていきます。

おすすめの低温調理器

【おすすめの低温調理器】

 

BONIQ2.0(公式ストア)

 

 

僕が現在愛用する低温調理器。

ANOVAを3年間使い倒したからこそわかるBONIQの素晴らしさ。

人気ですぐに品切れになるので予約が必須です。

僕の初代の低温調理器はANOVAですが、今は圧倒的にBONIQがおすすめです。詳細は↓の記事からどうぞ。

 

【必読!】BONIQ(ボニーク)のおかげで一家に一台低温調理器の時代が到来しました。

created by Rinker
¥19,480 (2020/05/13 01:42:08時点 楽天市場調べ-詳細)

オススメのネット精肉店

低温調理って、基本的には塊肉じゃないと効果が薄いもんでね。

なかなか塊肉ってその辺のスーパーじゃ手に入らないじゃないですか。

そんなときは↓のオールミートさんがオススメ。

牛タンとかステーキはここのものを使ってます。

それと、ミートガイさんも利用しています。

ここのフィレ肉はマジで最高でした。

注意
どちらも10,000円くらい買わないと送料がかかります。贅沢したいときとか、パーティーがあるとか、大家族は一気に買う方がオススメ。だけど個人的にはオールミートの牛タンなんかは、送料込みでも全然アリな値段かなと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です