東京【焼鳥 鐡 (クロガネ)】フレンチのエッセンスを取り入れた 素晴らしい焼き鳥コース!3.725

フィリポビッチ(@filipovic41)です。

 

この2年くらい、気軽に友人に会って飲みに行くということが恐ろしく減りました。

今でもガンガン飲みに行くなんてことはできないけれども。

 

だからこそ、飲みに行くときは適当なお店を選びたくないなあと思う今日このごろです。

フレンチ×焼き鳥!鐡 (クロガネ)!

2021年10月25日(月)、19時半、3名。

東京駅八重洲口から少し歩いた路地にある、素敵な焼き鳥屋さん。
この日集まった3人の職場の中心が東京駅らへんでしてね。

久しぶりに集まれるということで、ちょっとだけ良いものを食べようと思いまして。
こちらの人気の焼き鳥屋さんをチョイス。

月曜日だってのに、かなりお客さんも入ってて、これだけでも期待が高まる。

カップルで利用しているお客さんが多い印象。

 

こちらは男性3名。

 

さて、今回は【鐡おまかせコース8800円】を利用。
焼き鳥でこのお値段ですからね、しっかり頼みますよ。

【雲丹とキャビアとささみの海苔巻き】


その名の通り。
ささみは昆布締め。

いきなりこれはたまらん。

ものすごくバランスの取れた組み合わせ。

雲丹の濃厚さとキャビアの塩味、ささみの食感と淡白な味だけどすごい旨味。
そして海苔の香り。

どれも口の中でしっかりと感じて、素晴らしく旨い。

一発目にこれを食べたら「あ、ここは当たりだ」と思うよね。

【インカの目覚めのスープ仕立て】


かなり濃くてどろどろとしたジャガイモの温かいスープ。
塩のみで味付けしてるって説明を受けたけど、信じられないのよこれが。

コンソメくらいの旨みとコクがすごくて、これだけでめちゃくちゃお酒のつまみになります。

 

旨い。

【鶏刺し】


宮崎県産黒岩土鶏の鶏刺しです。
たまねぎ、こねぎ、ミョウガで食感と香りのアクセント。
酢橘を絞って口に放り込む。

こいつも旨い。

薬味たちに鶏が負けてしまうんじゃないかって思ってたんですけどね。

全然薬味では隠し切れない旨み。

鶏刺し自体めちゃくちゃに新鮮で、超あっさり。

多分だけど、5分に1つずつ食べるなら一生食べ続けられる。

【鶏皮のビネガー和え、漬物、大根おろし】


これから遂に焼き鳥が出てくるぞってときに、箸休めたちが登場。
特に、鶏皮のビネガー和えには驚いた。
玉ねぎと柿とイチジクが入ってるんですよ。

甘みと酸味と塩味がかなり良いバランス。

【ハツもと】


待ってくれ。

1串目から最高すぎる。

かなり大振りな塊になったハツもと。
ジューシーの限界点。

もうね、噛むと口の中がびしょびしょになるやつ。

卓上の山椒を合わせるのが最高。

 

めちゃくちゃ旨いですこれ。

ワインがたまらなく合う。

【枝豆】


え、2串目でトリッキーなの出てきた。

 

皮もそのまま食べられる枝豆。

いやこれがまた旨くてね。
ここまで食べて確信に変わったんだけど、ここは塩加減が絶妙です。

一言で言うとしょっぱ目です。

だけど、人が美味しいと感じる最大値の塩加減なんですよね。
だから、お酒が進んでしまう。

アラカルトだったらこれ2本食べたいかも。

【合鴨の胸肉】


弾力があってジューシーで旨み抜群の合鴨の胸肉。
山わさびの爽やかな香りで食べるのがまた素晴らしい。

全ての串になんらかの工夫というか、創作がある。

 

フレンチのエッセンスを感じる。

【ツカモルツァチーズ】


モッツァレラチーズの水分が少ない感じのチーズ。
燻製の香りがめちゃくちゃ良いのと、上に乗ってるトリュフとマッシュルームが素晴らしすぎる。
チーズ自体の味は淡白なんだけど、全体の仕上がりがすごい。

めちゃくちゃ旨いですこれ。

【ちょうちん】


ちょうちんなんて久しぶりに食べるな・・・。
卵はね、噛んだ瞬間バチンっと音が鳴ったかのようにはじけました。
濃厚で旨い。

ひもは香ばしく焼かれていて、タレの濃さもちょうど良い。

【つくね】


素晴らしく肉々しいつくね。
軟骨のコリっとした食感と、弾力のある肉感重視のつくね。
ふわっと系じゃないですね。

旨い。

【車エビのお刺身】


ここへきて車エビの刺身とは。
ウニととびっこが上に乗っていて、貝柱のジュレが下を支えてます。

いやこれもしっかり旨くて。
口の中いっぱいに海が広がる。

車エビの滑らかな食感も良い。

【かしわ】


黒岩土鶏のかしわですね。
周りはカリッと感じるくらいまで香ばしく焼かれていて、中はジューシー。

やはりギリギリの塩味で、これがたまらない。

【手羽先】


焼きの最後が手羽先。
かなり大振りで、食べる部分もかなりあります。

焼き加減も抜群で、やはり表面はしっかり香ばしく焼かれてます。
炭火でじっくり焼いてるので、中の水分はしっかりと。

夢中で食べました。

【締め】

締めは卵かけご飯と親子丼と塩または醤油ラーメンから選べるんだと。

 

全部って言いたいレベル。

この選択肢は非常に困る。

結局親子丼にしたんですけどね。

親子丼も、卵の火入れ加減だとか、やはり味の濃さが絶妙で。
締めには最高の一杯なんですよね。

一瞬で食べました。

ちなみに、友人は卵かけご飯を食べていたので、写真だけ撮りました。

まあ当然、めちゃくちゃ旨かったとのことです。

【自家製の黒胡麻ときな粉を使ったアイス】


おぉ、ちゃんと器も冷たい。

言い方は悪いですが、牛角アイスの最上位互換ですね。
かなり高級感のある洗練された牛角アイスって感じです。

 

かなり美味しかったです。

メニュー

総括

というわけで、THE 焼き鳥ではなくて洋のエッセンスを上手く取り入れたハイレベルな焼き鳥コースでした。
店内の雰囲気も良くて、デートにも最適なお店ですね。

 

味・・・3.8

サービス・・・3.7

雰囲気・・・3.7

コスパ・・・3.7

総合・・・3.725

 

ご馳走様でした!!

お店情報

関連ランキング:焼き鳥 | 京橋駅東京駅宝町駅

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です