低温調理でふわふわハンバーグを作ってみた!

フィリポビッチ(@filipovic102)です。

 

今回も低温調理シリーズです。

いろんな低温調理をやってきたけども、今回は肉料理の中でもとりわけ人気の高いもの。

 

 

そうだよ。

 

 

ハンバーグだよ!!!!

 

 

ということでね。

今回は低温調理でハンバーグを作ってみたいと思います。

低温調理って塊肉にはめっぽう強いけど、果たしてひき肉料理に威力を発揮するのかしら。

ハンバーグって元々それなりに手のかかる料理だから、絶対に失敗したくない料理だよね。

低温調理をすることで失敗しないハンバーグのレシピが出来上がると最高なんだけども。

 

それでは試してみましょう。

準備するもの

【ハンバーグ4個分】

調理器具
  • ずん胴の鍋
  • ジップロック
  • ANOVA
材料

【調理に必要な材料】

  • 玉ねぎ半分
  • バター

 

  • 合挽肉(350g)
  • 牛乳(大さじ6)
  • パン粉
  • 卵(1個)
  • 塩(小さじ1)
  • ナツメグ(少々)
  • シナモン(少々)
  • 胡椒(少々)

【ソース】

  • ケチャップ(大さじ2)
  • 中濃ソース(大さじ2)
  • 赤ワイン(小さじ1)

普通にハンバーグを作るときに必要なもの+低温調理器ですね。

 

 

こちらはボニーク。

 

最近は低温調理器を使う人も多くなってきて、元々料理が上手い人たちが参戦してきてるから困ってます。

僕も頑張らないと。

手順

いつもの手順だと、肉に下味を付けてジップロップに入れて、ANOVAで設定した温度のお湯にぶっ込んで待つだけなんだけど。

今回はハンバーグですからね。

ちょっと手順が変わってきます。

①玉ねぎをみじん切りにして、バターで炒めて粗熱をとる

玉ねぎ半分をみじん切りに。

バターで炒めよう。

チューブのやつが使いやすい。

しっかり火が通るまでね。

一旦避難して粗熱をとりましょう。

②上記の合挽肉以下の材料を粘り気が出るまで混ぜてこねる

ボウルに肉をドーン!

卵ドーン!

パン粉ドーン!

牛乳ドーン!

こいつらドーン!

で、ムニムニと粘り気が出るまでこねます。

③粗熱をとった玉ねぎを②に混ぜて楕円形を作る

先ほどの玉ねぎを投入!

もう一度ムニムニと。

しっかりと空気を抜いて楕円型を作りましょう。

いつもの癖で真ん中を凹ませてますが、中に火を通すまで焼かないので、できるだけ平らにすることが大切。

④ハンバーグをジップロックへ

ここで実験。

表面を焼いたハンバーグを低温調理するパターンと。

低温調理した後に表面を焼くパターン。

両方試してみたいと思います。

まずはこれくらい焼く。

 

もちろん中は全く火が通ってません。

それではジップロックに入れていきましょう。

崩れないようにそおっとね。

焼いてないやつもね。

⑤低温調理器をセットしてハンバーグをIN!

今回は61.5℃で1時間半。

 

ふわふわにすることが目的なんで、長時間は禁物かと。

短時間だと60℃以下にするのは危険だし、かといって62℃はビビりすぎなんじゃないかと。

ということでこの温度と時間の設定です。

いってらっしゃい!!

⑥低温調理が完了したら強火でサッと焼き上げる

出来上がりました。

短時間だからドリップもそれほど出てないようですね。

低温調理前に焼いてないやつをサッと焼きましょう。

⑥肉汁が残ったフライパンでソースを作る

ハンバーグを焼いたフライパンでソースを。

材料をぶっ込んでアルコール飛ばすだけですね。

⑦盛り付けて完成!

完成しました!!

 

付け合わせは適当。

実食

それではいただいてみましょう!!

かなりふわふわな感じ。

旨い!!!!

 

 

確かにふわふわです。

箸で簡単にほぐれるこの柔らかさ。

 

ただ、グリル感というか、香ばしさが足りないかな。

ハンバーグステーキっていう感じではない。

僕が思うには、これを煮込みハンバーグ的な感じにするとものすごく良くなりそうな予感。

 

 

煮込みハンバーグがめちゃくちゃにふわふわだったら無敵でしょう。

 

そういうことです。

だもんで、煮込みハンバーグ用の絶品ソースさえ作れれば、この低温調理ハンバーグが完成するわけですね。

 

これは次回までの課題ですね。

まとめ

というわけで。

今回は低温調理ハンバーグは完成までには至りませんでした。

 

が。

 

見えましたよ。ゴールがね。

 

次回は煮込みハンバーグでこの低温調理ハンバーグを完成させたいと思います。

 

 

 

今回もANOVAちゃんさまさまでした。

オススメのネット精肉店

低温調理って、基本的には塊肉じゃないと効果が薄いもんでね。

なかなか塊肉ってその辺のスーパーじゃ手に入らないじゃないですか。

そんなときは↓のオールミートさんがオススメ。

牛タンとかステーキはここのものを使ってます。

それと、ミートガイさんも利用しています。

ここのフィレ肉はマジで最高でした。

注意
どちらも10,000円くらい買わないと送料がかかります。贅沢したいときとか、パーティーがあるとか、大家族は一気に買う方がオススメ。だけど個人的にはオールミートの牛タンなんかは、送料込みでも全然アリな値段かなと思います。

【永久保存版】超簡単!低温調理の絶品レシピまとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です