ホームパーティーで大活躍!低温調理で最強にジューシーなローストチキン!

フィリポビッチ(@filipovic102)です。

 

 

クリスマスも近いってことで。

低温調理でクリスマスディナーのメニューに使えそうなものを作ってみようかと。

今回作ったのは・・・。

 

 

 

ローストチキン!!

 

 

今まではね、鶏肉の低温調理といいますと胸肉ばっかりだったんですよ。

【超オススメ】低温調理した鶏ハムを最強に旨くする方法を見つけた。

普通の鳥もも肉も低温調理してみたことはあるんですけどね。

 

なんか思ってたのと違ったんですよ。

まだまだ改良の余地があるなと。

 

今回はローストチキンということでね。

ホームパーティーで活躍しそうな骨つき肉を調理してみました。

クリスマスディナーにも最適。

準備するもの

調理器具
  • ずん胴の鍋
  • ジップロック
  • ANOVA
材料
  • 骨付き鳥もも肉
  • おろしにんにく
  • タイム(GABAN)
  • エキストラバージンオイル
  • ハーブソルト
  • にんにく一片

 

低温調理器はいつものアノーバさん。

 

 

ボニークさんでもあり。

 

みなさんお好きな低温調理器を。

手順

手順はいつもの通りテンプレ。

 

ANOVAで設定した温度のお湯にぶっ込んで待つだけ。

①ずん胴の鍋に水を入れて、ANOVAをセットし、温度と時間を設定しておく(温度が上がるまで時間がかかる為)。

今回は58℃で3時間。

 

鶏むね肉と同じくらいの設定にしてみました。

鳥もも肉は普通に焼いてもかなりジューシーに仕上がるから、低温調理にする必要があるのか。

鳥もも肉はむしろ生焼けが怖いというくらいですかね。

 

低温調理であればそういうムラはないから安心。

 

さあどんな仕上がりになるでしょうか。

②下味を付けてジップロックで密閉してANOVAへIN!

スーパーで売ってる安い骨付きもも肉です。

下味に使うのはこの子たち。

タイムを適量まぶして。

オリーブオイルにおろしニンニクを混ぜて鳥もも肉と一緒にジップロックへ。

いつもの通り真空パック。

あとは時間が経つのをただ待つのみ。

③低温調理が終わったら引き上げて常温に戻して、強火で表面を焼く

見た目では良い感じなのかどうかはわからない。

オリーブオイルににんにくで香りを付けたら、強火で一気に焼きます。

ここでハーブソルトを適量振りかけて、焼き目がついたら完成。

今回はそこまでカリッとさせずに焼き目がついた感じで引き上げました。

さあ、お味の方は?

見た目はかなり良い感じです。

さてさて。ナイフを入れてみましょうか。

ご覧くださいこの肉汁が滴るスーパージューシーな様子を!!

プリップリというか、ぶりんぶりん!

 

これはめちゃくちゃ旨い。

低温調理が鳥もも肉のジューシーさをかなり引き出してる。

 

食感だけだと、生肉なんじゃないかと錯覚するレベル。

水分量がかなり多いので、苦手な人は調理時間を長くすると良いかも。

 

ちなみに嫁の反応はものすごく良かったです。

これは成功でしょう。

あっという間に完食。

まとめ

今回も成功でした。

タイムやハーブソルトで香りをしっかり付けたのも勝因だったかと。

 

ジューシーで食感もプリプリだったんで、鶏肉のエグ味とか臭みが出ちゃうとしんどい人もいるかもしれないんでね。

 

嫁は鳥もも肉の獣臭がかなり苦手なんだけど、その嫁が絶賛してたからこれは大成功じゃないでしょうか。

あとはもっとカリカリに表面を焼いても良いかもしれないっすね。

 

だけどこれはこれで完成形としてアリです。

 

クリスマスにもピッタリのメニューでした。

 

 

いつもありがとうアノーバさん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です