材料入れて待つだけ!低温調理で超しっとりで本格的なカオマンガイが作れました!

フィリポビッチ(@filipovic41)です。

 

カオマンガイって美味しいじゃないですか。

炊飯器で作るレシピばっかりなんだけど、子供がいると別に白飯も炊く必要がありましてね。

 

だったら低温調理で作ろうよと。

 

低温調理をしてしまえば、鳥もも肉の自由自在に超絶しっとりにできるわけですからね。

さあ行ってみましょう。

準備するもの

調理器具
  • ずん胴の鍋
  • ジップロック
  • 低温調理器
材料

カオマンガイ2人分

  • 鳥もも肉250〜300g
  • パクチー 1束
  • トマト(添える用)
  • きゅうり(添える用)
  • 白飯 好きな分だけ

煮汁

  • 水200g
  • ニンニクすりおろし 1片
  • 生姜すりおろし 1片
  • ナンプラー 小さじ2分の1
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1

タレ

  • 長ネギ白い部分 1本分
  • 茹で汁 小さじ1
  • ニンニク  ほんの少し
  • 生姜 少し
  • ナンプラー 小さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • お酢 大さじ1
  • オイスターソース 小さじ1
  • 砂糖 小さじ1
  • ごま油 小さじ1
  • 味の素 3振り

 

【おすすめの低温調理器】

 

BONIQ2.0(公式ストア)

 

 

僕が現在愛用する低温調理器。

ANOVAを3年間使い倒したからこそわかるBONIQの素晴らしさ。

人気ですぐに品切れになるので予約が必須です。

僕の初代の低温調理器はANOVAですが、今は圧倒的にBONIQがおすすめです。詳細は↓の記事からどうぞ。

【必読!】BONIQ(ボニーク)のおかげで一家に一台低温調理器の時代が到来しました。

created by Rinker
¥19,480 (2020/05/13 01:42:08時点 楽天市場調べ-詳細)

手順

①鍋に水を入れて、低温調理器をセットし、温度と時間を設定しておく(温度が上がるまで時間がかかる為)。

今回のレシピは65℃、1時間半。

 

鶏肉のぶりぶりが苦手な人は2時間くらいやってもいいかも。

②煮汁の材料と鳥モモ肉を一緒にジップロックへ

今回は鳥もも肉が2つあったので、丸めて一つのジップロックへ。

一つだけを調理するなら、広げてジップロックに入れたほうがカオマンガイっぽい形になります。

③ご飯を気持ち固めに炊く

④長ネギをみじん切りにしてタレの材料を混ぜる

こんな感じ。低温調理が終わったら茹で汁を投入して混ぜましょう。

⑤低温調理後の鶏肉を切る

茹で汁も美味しいんですよ。

僕はこの日には食べる予定がなかったので、一度冷蔵庫で冷やしました。

このままだと冷たいので600Wで1分程度温めます。

残った煮汁が良い感じでしてね。

⑥煮汁をご飯とタレにすこーしだけ混ぜる

⑦鶏肉・野菜を切って具材を盛り付けてタレをかけたら完成!

実食

決め手はタレです。結構しっかりかけてしまって差し支えありません。

さて、いただきます。

死ぬほどジューシー!!

うんめえええええ!!!!

 

これは本格的な味!!

 

パクチー必須。

そしてタレが素晴らしい。

ご飯が進みまくる君。

素晴らしくカオマンガイです。

旨い。

まとめ

今回も大成功でした。

かなり本格的な味で、鶏肉も超絶しっとりジューシーでした。

 

炊飯器で作るカオマンガイももちろん良いんですけどね。

子供がいると、ご飯全てをカオマンガイ用に炊いてしまうことになるので不便なんですよ。

 

 

 

低温調理で作りマンガイ。

 

ありがとうございました。

おすすめの低温調理器

【おすすめの低温調理器】

 

BONIQ2.0(公式ストア)

 

 

僕が現在愛用する低温調理器。

ANOVAを3年間使い倒したからこそわかるBONIQの素晴らしさ。

人気ですぐに品切れになるので予約が必須です。

僕の初代の低温調理器はANOVAですが、今は圧倒的にBONIQがおすすめです。詳細は↓の記事からどうぞ。

 

【必読!】BONIQ(ボニーク)のおかげで一家に一台低温調理器の時代が到来しました。

created by Rinker
¥19,480 (2020/05/13 01:42:08時点 楽天市場調べ-詳細)

オススメのネット精肉店

低温調理って、基本的には塊肉じゃないと効果が薄いもんでね。

なかなか塊肉ってその辺のスーパーじゃ手に入らないじゃないですか。

そんなときは↓のオールミートさんがオススメ。

牛タンとかステーキはここのものを使ってます。

それと、ミートガイさんも利用しています。

ここのフィレ肉はマジで最高でした。

注意
どちらも10,000円くらい買わないと送料がかかります。贅沢したいときとか、パーティーがあるとか、大家族は一気に買う方がオススメ。だけど個人的にはオールミートの牛タンなんかは、送料込みでも全然アリな値段かなと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です