低温調理器さえあれば安いお肉を使って簡単にユッケが食べられる!

フィリポビッチ(@filipovic102)です。

 

 

今までたくさんの低温調理をしてきて、火入れの大切さが身に染みてる僕ですが。

 

 

やっぱり生肉が最高じゃないですか。

 

 

元も子もないことを申し上げてしまいましたが。

実際、生肉で食べられるほど新鮮なお肉って最高じゃないですか。

 

そりゃ家で生肉食べながらビールとかワインで優勝するのが一番良いですよ。

生肉なんて家で恒常的に食べられるほどお金を持ち合わせてないし、衛生管理もできないし。

 

ということで、低温調理で生肉感を出しましょうよと。

 

低温調理のしっとりした瑞々しい仕上がりは生肉のそれに似てます。

実際、お店でも◯◯刺しっつって低温調理したお肉を出す店もあるくらいですからね。

まあそんなわけで。

 

 

ユッケ、作っていきます。

準備するもの

調理器具
  • ずん胴の鍋
  • ジップロック
  • ANOVA
材料

【調理に必要な材料】

  • 牛ももブロック(200gあれば十分だけど、大きい塊肉の方が低温調理に向いてます)
  • 卵黄
  • 万能ネギ
  • ニンニク
  • 白ごま

【ユッケのタレ】

  • ごま油(小さじ1)
  • 醤油(大さじ1)
  • コチュジャン(小さじ2)なければ豆板醤小さじ2と甜麺醤小さじ1)
  • おろしにんにく(1かけ)

 

アノーバ先生、いつもお世話になっております。

 

こちらはボニーク。

 

さあさあ作って参りましょう。

手順

さて、まずはいつも通り肉に下味を付けて低温調理をしましょう。

①ずん胴の鍋に水を入れて、ANOVAをセットし、温度と時間を設定しておく(温度が上がるまで時間がかかる為)。

今回は57℃で3時間。

 

あまり温度を上げてしまうと生肉感がなくなるんじゃないかと。

長時間やりすぎても生肉感が減ってしまうんでこれくらいの設定にしました。

②オリーブオイルと一緒にジップロックに入れて低温調理!

なんの変哲もない、スーパーで最も安かった牛もも肉です。

特に何も施さず、オリーブオイルに浸して真空パックして、ANOVAの鍋に打ち込みました。

注意

ユッケのタレが強いから、特に臭みに関しては気にせず調理したんですけどね。

安い牛肉は臭みがすごく残りますんで、皆さんは低温調理する時には何か臭みを消すためのアプローチをした方がいいです。

牛乳に浸してから低温調理するとか、ニンニクを潰して一緒に入れるとか。

絶対やった方がいいです。

というわけで、必要な材料の中にニンニクを入れてます。

③低温調理後のお肉を取り出して、肉を細く切る。

低温調理終了。

この時点で、安い牛肉の臭みが出てます。皆さんは必ず臭み消しをやってください。

※ユッケにしてしまえば臭みはほとんど分からなくはなりますが、臭みは消した方がいいです。

火入れは非常に良い感じですね。

ここまでズタズタに切りまくったらOK。

タレの調味料を混ぜたものをお肉に絡める。

タレは混ぜるだけで完成です。超簡単。

よくタレが浸透したらお皿に盛り付けて卵黄を落としてネギをパッパッ。

 

で完成!!

こ・・・これは・・・完全にユッケじゃないか!!!!

 

それでは食べてみましょう。

実食

まずは卵黄を潰して混ぜ混ぜ。

非常に良い感じです。

ではいただきます!!

 

 

 

ユッケだこれは。

 

 

This is ユッケ。

旨いです。誰がなんと言おうとユッケです。

安いお肉なんで、食感に多少のパサつきは感じられるものの、それはローストビーフを作っても同じです。

ローストビーフなんかは安いお肉だと臭みも感じやすくなるので、ある程度良い肉を使う必要がありますが、ユッケにしてしまえば臭みも感じないし何よりもユッケ感が抜群。

 

お酒が進んでしまう素晴らしい出来栄えでした。

 

これ、丼に盛ってユッケ丼ってのも最高ではないでしょうか。

まとめ

これは大成功と言っていいでしょう。

 

スーパーで買った安いお肉でこのクオリティなら、ワンランク上のお肉でやったら相当に美味しいユッケになること間違いなしです。

普通の低温調理に飽きてしまった、生肉が食べたい、ちょっと良い感じのおつまみを作りたいという方には最高のレシピではなかろうか。

 

やはり重要なのは、臭みを消すこと。

 

これに気をつければ、納得の美味しいユッケが自宅で食べられることでしょう。

今回は低温調理の幅広さを改めて実感するレシピをなりました。

 

それではまた新しいレシピの研究に力を入れていきたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です