【美味い!】低温調理でパサつき一切無しの超しっとり柔らかトンテキが完成!

フィリポビッチ(@filipovic102)です。

 

 

低温調理をやってきて思うのが、豚肉と低温調理の相性が抜群に良いということ。

 

どんなに安い肉でも、低温調理でお店クオリティになるんですよね。

今回も豚肉に挑戦します。

 

 

今回はトンテキ!!

 

考えてみれば、トンテキってあんまり食べない。

だけど、分厚いトンテキなんて、どう考えても低温調理すべきだろ。

 

というわけで、今回大成功を収めたのでご紹介します。

準備するもの

トンテキ2人分

調理器具
  • ずん胴の鍋
  • ジップロック
  • ANOVA
材料

【調理に必要な材料】

  • とんかつ用の豚ロース(なるべく分厚いやつ)
  • 塩胡椒(少々)
  • 薄力粉
  • 玉ねぎ半分

【ソース】

  • 醤油(大さじ1と小さじ2)
  • みりん(小さじ2)
  • 酒(大さじ1)
  • 砂糖(大さじ1)
  • 中濃ソース(大さじ1)
  • おろしにんにく(お好み)

 

今回もアノーバさんに働いていただきます。

 

こちらはボニーク。

 

ほんとね、料理好きな人とか人を家に呼んで振る舞うタイプの人はマストアイテムですよ。

手順

さて、まずはいつも通り肉に下味を付けて低温調理をしましょう。

①ずん胴の鍋に水を入れて、ANOVAをセットし、温度と時間を設定しておく(温度が上がるまで時間がかかる為)。

今回は59℃で1時間半。

 

本当はもう少し長くやりたかったんですけど、時間がなかったのでこの設定。

長くやればやるほど脂身が簡単に噛み切れるくらい柔らかくなります。

でも長くやりすぎてもジューシーさを損なうんで、これはお好みですね。

僕としては3時間程度やればちょうど良いと思うけど。

②肉に塩胡椒をして低温調理!

豚ロースちゃん。

しっかり分厚いものを選びましょう。

薄いと低温調理の効果が薄れる。

軽く塩胡椒をしたらジップロックへ。

空気を抜いて。

行ってらっしゃい!!

 

美味しくなって帰ってくるんだよ。

③低温調理が終了したら常温にする(または冷蔵庫で冷やす)

低温調理が完了しました!

とりあえず温度を常温もしくは少し冷やす。

これはフライパンで炒めたときに中の温度が上がりすぎないようにするためです。

④肉の温度が落ち着いたら薄力粉をまぶして、玉ねぎを炒める

ソースの調味料は予め混ぜておく。

薄力粉を肉にまぶして。

玉ねぎを切ってさっと炒めて。

玉ねぎに火が通ったら玉ねぎをフライパンの端に寄せておく。

⑤肉に焼き目を付けたらソースを絡めて完成!

玉ねぎは炒めすぎず食感は残しておきましょう。

完成!!

実食

ご覧くださいこのピンク色!!!!

めちゃくちゃに柔らかくてジューシー。

 

超絶旨い。

やはりもう少し長めに低温調理していれば、脂身が前歯で噛み切れるくらい柔らかくなったか。

それでも完全い旨いです。

 

もう外でトンテキ食べる必要が完全になくなった。

まとめ

やっぱり豚肉と低温調理の相性が半端ではない。

 

ご飯食べ過ぎ問題が発生する。

普段のおかずにこのレベルのトンテキが出てきたらヤバいって。

ほとんど手間もかからないし、これは確実にリピートしまくるレシピですね。

 

 

アノーバさん、今回もお世話になりました。

【永久保存版】超簡単!低温調理の絶品レシピまとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です