低温調理したローストポークでキューバサンドを作ってみた

フィリポビッチ(@filipovic102)です。

 

お馴染み低温調理レシピシリーズ!

 

前にも豚肉のブロック肉を使ってチャーシューってのを作ってみましたけれども。

今回もですね。豚肩ロースを使った低温調理で料理をしたいと思っておりましてね。

 

え、それチャーシューやん。

 

と思うじゃないすか。

違うんですよ。今回はですね。

 

まず作るのはローストポーク。

 

まあオーブンは使わないんですけど。

 

そしてそのローストポークを使った

 

キューバサンド!!

 

キューバサンドとは

キューバンサンドイッチあるいはキューバサンドイッチ(英語: Cuban sandwich)はハムとチーズのサンドイッチの一種で、元々はフロリダに昔から存在している2つの移民のコミュニティーであるキーウェストタンパのイーボーシティでキューバ人労働者に提供されていたものである[1][2][3]。その後、キューバ人亡命者や国外移住者たちがマイアミに持ちこみ、そこではキューバンサンドイッチは今もなお人気がある[3]

キューバンサンドイッチはキューバンブレッドにハム、ローストポークスイスのチーズピクルスマスタードそして時にはサラミで作られる[2]

2012年、「歴史的なタンパ・キューバンサンドイッチ」は、タンパの市議会によって「タンパ市の象徴」として指定された[4]

Wikipediaより

まあこんなやつですわ。

 

 

雰囲気で作ってみたらですね。

めちゃくちゃに旨かったんすよ。

 

低温調理したお肉って、いろんな使い道がありそうで、まだまだ低温調理の可能性は広がってるなと。

準備するもの

調理器具
  • ずん胴の鍋
  • ジップロック
  • ANOVA

 

 

今回ももちろん。

 

ANOVAにお世話になります(ここまでテンプレ)。

材料
  • 豚肩ロース
  • マジックソルト
  • オリーブオイル
  • フランスパン
  • 粒マスタード
  • レタス
  • ピクルス
  • パクチー
  • バター

数量とかは全てお好みでいいです。

 

全てその辺のスーパーで揃えられますね。 

手順

まずはいつも通りチャーシューを作るようなイメージで豚肩ロースを低温調理します。

①ANOVAの設定温度と時間

今回はチャーシューと同じく57.5℃、4時間。

②豚肩ロースにマジックソルトを振りかけて、ジップロックに入れて真空パックしてANOVAへぶち込む。

ここに何の変哲も無い豚肩ロースがあります。

タネも仕掛けもございません。

これにですね。

このマジックソルトちゃんを。

振りかけるっ!

そんでオリーブオイルと一緒にジップロックへ投入して真空パック。

③ANOVAが設定温度になったら鍋に豚肉を投入して、3時間待つ。

④低温調理した肉を焼いてローストポーク完成

低温調理終了。

フライパンでしっかり焼きましょう。

焼き目は思いっきりつけた方が香ばしくて食感もよくてオススメ。

ここでもマジックソルトをしっかりかけた方が良いです。

ローストポーク出来上がり!!

良い感じっすね!!

美しい・・・。

⑤フランスパンに材料を詰めていく

パクチーと。

ピクルスちゃん。

レタスちゃん。

チェダーチーズ。

これが結構決めてかもってくらい大事。

フランスパンにマーガリン及び粒マスタードを塗って。

詰め終わったらですね。

バターで両面を焼きましょう!!

⑤完成!!!!

良い感じっす。

ローストポークは細かく切って入れたほうが食べやすいかも。

なんと贅沢な。。

お味の方は?

すんげえ旨い!!!!

 

ローストポークが低温調理でしっかり火入れされてるんでね、噛み切るのもイージー。

マジックソルトも効いてて良い塩味。

嫁の評価もかなり高くてですね。

 

2食連続で食べました。

 

低温調理じゃないと、かぶりついたときに上手く肉が噛みきれなかったりするんでね。

しっとりとした素晴らしいローストポークだからこそできるわけで。

まとめ

休日の朝食や昼食に最高のキューバサンドでした!!

これはたまに家で作って食べたいっすね!!

中の具材を変えたりして何度でも楽しめそう。

 

 

 

次は何を作ってみようかしら。

【最高に旨い低温調理レシピ集】

【永久保存版】超簡単!低温調理の絶品レシピまとめ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です