銀座【鮨たかはし】いつ来ても旨すぎて失神する。4.5

感動する食事って大きく2つに分けると、めちゃくちゃに旨い!っていうのと、何これ食べたことない!っていうのに分かれるんじゃないかと思うんですよ。

ということは、「食べたことが無くてめちゃくちゃに旨いもの」って感動の振り幅最強かなと思ってたんですけどね。

そうじゃなくて、それ自体は食べたことがあるのに「何これ食べたことない!」ってなるほどに旨いのが一番かもしれないと感じたんですよ。

 

その食事が鮨たかはしです。

 

フィリポビッチ(@filipovic102)です。

 

銀座の鮨たかはしに行くのは今回で3回目です。

銀座【鮨 たかはし】日本一の寿司屋から独立した若大将が営む最高の寿司屋に行ってきた。4.425

銀座【鮨たかはし】最高の寿司屋出身の大将が繰り出す最高のつまみと握りがこれだ。4.425

毎回毎回珠玉の逸品たちが登場して、もう感動の嵐なわけです。

あの鮨さいとうでつまみ担当だった方のお店なわけですからね。もはや鮨さいとうに行かなくたって良いんじゃないかと思うくらいですよ。

今回も最高のラインナップでした。もう旨すぎてしんどかったです。

あと、今回の記事めちゃくちゃ長いです。

つまみも握りも全てが絶品of絶品!鮨たかはし!

2019年2月4日(月)、19時30分、2名。

今回も超グルメな義兄に予約を取ってもらい、ありがたく訪問させてもらいまして。

この扉を開けるのに手が震える勢いですよ。

さあさあいつものこのセッティングでスタートしましょうか!!

煮蛸足

ここの煮蛸足の旨さを再確認。

この柔らかな食感、優しい味付け、やっぱりめちゃくちゃ旨いんですよね。

つぶ貝

めちゃくちゃに大ぶりなつぶ貝。

非常に残念なことに、写真で大きさがわからない。

だけど口の中がつぶ貝でいっぱいになるほどの大きさ。

かなり歯応えを感じるコリッコリの食感で、スーパー旨いです。

白子

白子in出汁。

旨くないわけがない。旨いよ当然。

柚子胡椒が良いアクセント。

出汁も全部飲める。飲めるというか飲みたい。

子持ちヤリイカ

その名の通り、お子さんがいらっしゃる。

トロッとした中にプチっていうね。この食感に優しい甘い味付けが憎い。

ファミリーで頂いてしまう贅沢さよ。

マジで何が来ても旨いな。。

太刀魚のフライ

鮨たかはしでの揚げ物は前にも食べたことがあるんだが。

 

まずタルタルが旨すぎる。

 

なんなんだ。これでいくらでもご飯も食べられそうだし、いくらでもお酒が飲めそう。

ソースで食べても良いんだってさ・・・。

選べないだろ普通・・・。

 

食べ方2種類あるなら倍の量くれよ。

 

そして身が恐ろしくフワッフワの太刀魚。

とんでもない旨さ。衣もサクサクできめ細やか。

もし来世で太刀魚に生まれてきて食べられてしまう運命なら、こういう状態にして誰かに食べてもらいたい。

赤ムツ昆布締め

握り第一弾。

赤ムツの旨味が引き出されすぎててすごい。最長老様に潜在パワーを引き出してもらったクリリンばりに引き出されてる。昆布締めって最長老様のことだったのかよ。

あと、今回握りを食べてようやく気がついた。

 

醤油がめちゃくちゃに旨い。

 

なんというか、独特の酸味というか、なんというか。

ネタの旨味が引き立つ醤油なんですよね。なんというか。

握り1貫目からすごかった。

カワハギ

こ・・・これは・・・!!

先日鮨なんばで感動したカワハギさんの握りじゃないっすか!!

そしてやはり肝がbitweenシャリandカワハギ。

 

旨すぎる・・・。

 

僕がカワハギの握りが好きなのか、カワハギの握りが特別に旨いのか。

とにかく旨すぎる。これは1000億貫食べたい。

ほっき貝燻製オイル漬け

写真左ね。燻製の香りが非常に丁度良くて、食感も素晴らしくて。

本当に美味しいです。

あん肝と奈良漬けのペースト

写真右ね。

あん肝と奈良漬けの相性の良さね。名コンビ。

ジョンとポールですよ。

これだけあれば一生飲める。

本当に旨い。完全にお酒のための逸品。一口がこのスプーンの5分の1程度あれば十分にお酒が楽しめる。

コハダ

コハダで一旦落ち着こうぜ・・・。

と思ってもコハダが旨い。

鮨はコハダに始まりコハダに終わると言われるようにですね。コハダが旨いってのは職人の腕が素晴らしいということなんですよ。知らんけど。

僕は鮨たかはしのコハダが一番好きです。

アオリイカ

鮨たかはしのアオリイカは以前も食べたことがある。

すごいんですよ食感が。ねっとりとした口当たりでね。淡白な味なんだけど、またこの醤油が旨味を引き出していて。

アオリイカはスライスして叩いてるんですって。だからこんな食感になるのね。

バフンウニと毛ガニの茶碗蒸し

ちょ・・・ちょっと待ってくれ。。

いくら興奮していたとはいえ写真を撮り忘れてるなんて・・・。

でもまあ名前だけで旨いことはわかるよね?

わかるよね・・・?

中トロ

本物の中トロってのはこれほどまでに旨いのか。

自分の知っているマグロの中で最高レベルに旨い。

づけ

漬けマグロってさ、適当な店で食べるとあんまり美味しくないんですよね。

変にしょっぱいだけというかね。長期保存する為に漬けにしただけでしょみたいなね。

だけど、何故に漬けマグロにしたのかよくわかるのがこれ。

漬けマグロにすることによって食感がねっとりとして、甘みがあって深みを感じる味わいになってる。

 

簡単に言うとすごく旨い。

アジ

最高に旨いアジです。

肉厚で旨味のすごすぎるアジ。

どうやって形容したらいいかわからないです。とにかく旨いです。

平貝

歯応えがあって甘みのある平貝。

貝独特のクセも少ないし、万人受けする貝なんじゃないかしら。

そしてこのきめ細やかな包丁ね。

口当たりが素晴らしく良くなる。

車海老

これ、何故かすごく味を鮮明に記憶してる。

海老の旨味がガツンときて、肉厚だから口いっぱいにそれが広がって。

そしてやっぱり醤油の酸味や甘みが味を締めてくれるというか、纏めてくれるというか。

口の中がもう幸せに包まれるんですよ。

ムラサキウニ

悪く言えばベトベターですよ(見た目

だけど、これほど最高に美味しいものはなかなか無いんですよ。

シャリとウニとの口溶け具合が半端じゃない。

一瞬で口の中で消えて無くなった。

穴子

穴子さん。身のふわふわ度第一位。

口の中で一回膨らんだんじゃないかってくらいふわふわ。

甘いタレの旨味が口いっぱいに広がる。

ネギトロ

一通りコースのネタは出ましたんで、大将から「何か他に召し上がりたいものはありますか?」っていうことで。

 

定番のネギトロ。

 

やっぱりこれだよ。海苔の香りも素晴らしいし、ねっとりするくらい叩かれたトロが最高。

いつもは太巻きだった気がする。

本日は細巻きなので、5兆貫食べたい。

干瓢

お店によって味が変わるのが干瓢巻きなんだとか。

この干瓢巻きがめちゃくちゃ旨いんですよ。干瓢巻きって普段自分から注文することなんてないけど、鮨たかはしの干瓢巻きは最高。

玉子

これはもうプリン。

アサリの味噌汁

最後の味噌汁でホッとするんですわ。

感動を噛み締めながら思いに浸るんですわ。

飲み物

瓶ビール(プレミアムモルツ)、一白水成純米、赤武純米吟醸、鳳凰美田辺りを頂きました。
最高でした。

総括

もうなんて言ったら良いのかわかりません。

とにかく人生最高レベルの食事でした。

 

一生通いたい。

 

確かにね、値段は20000円〜25000円くらいはかかるけど、でもこのクオリティならものすごいコスパだと思う。

何回でも行きたい。

 

味・・・4.5

サービス・・・4.5

雰囲気・・・4.5

コスパ・・・4.5

総合・・・4.5

 

鮨さいとうってもっと旨いの?信じられないんだけど。

もうあとは好みの世界じゃないの?

本当に最後の晩餐にしたい食事ですわ。

 

ご馳走様でした!!

お店情報

関連ランキング:寿司 | 銀座一丁目駅宝町駅京橋駅

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です