阿佐ヶ谷【鮨なんば】超名店の寿司はやっぱり最高でした。3.925

フィリポビッチ(@filipovic102)です。

 

本日の記事のお店はですね、お寿司屋さんの名店でして。

この名店に行くまでに0次会、0.5次会を開催したわけですね。

阿佐ヶ谷【立呑風太くん】常連客が集う駅近の立ち飲み屋!3.325

阿佐ヶ谷【阿佐立ち】決して店名でふざけてるだけじゃない。実力派立ち飲み。3.55

2つのお店を経てついに一次会へ!
満を持して一次会で登場したのは、超有名店鮨なんば!!

そしてこの日はあれです、貸切です。
某有名店の料理長が貸切にしてまして。

 

お誘いいただいてあざす!!!!ご縁あざす!!!!

 

鮨なんばは、2018年3月にミッドタウン日比谷に店を出して、本家の大将はそっちに行ってます。
そっちのディナーは30000円のコース。

我々庶民が気軽に行けるお店ではないっすね。

ただ、阿佐ヶ谷の鮨なんばも若手に託して残っているわけで、引き続き名店なわけで。
我々庶民が気軽に予約が取れるお店じゃないわけです。

泣く子も黙る寿司屋の名店。鮨なんば。

みんなが集合したら、鮨なんばへと吸い込まれていく。

2019年1月14日(月)、21時00分、12名。この日は祝日。成人の日。

これで僕も大人になれる。

貸切だからか、かなりフランクな雰囲気が漂う。
板前さん含めて従業員さんはものすごい若さ。みんな20代。

さてさて。名店のコースが始まります。

美しいですね。

さて、試合開始はやっぱり生ビール。

さて、始めましょう。

【ハマグリの茶碗蒸し】

いきなりありがとうございます。

素晴らしく上品な出汁のお味。蛤の出汁がとても良い。

一瞬で無くなりました。

【真鯛とシメサバのお造り】

真鯛は普通に旨い。

シメサバは異常に旨い。

 

鯖の良いところを引き出してる。名将。

【煮ダコと水ダコ】

煮ダコはとても柔らかくて、味が染みててグッとくる。

水ダコはやっぱりこの弾力ですよ。

弾けるような弾力。旨いっす。

【のれそれ】

のれそれ。アナゴの稚魚ですよ。

ツルッと、いや、チュルッとした可愛らしいやつでして。

ポン酢的な味で食べるんだけど、とてもさっぱりしててちょっとした甘みもあって旨いです。

【ぶり】

ちょいと炙られてるじゃないっすか!!

この香ばしさがブリの濃厚さとベストマッチ!!

こいつは旨い。

【キハダマグロ】

甘い。とろける。

舌触りが滑らか。

【牡蠣の出汁煮?】

旨いよもちろん。

牡蠣の旨味が抜群に引き出されてる。

【イカの塩辛】

ものすごく濃厚なイカの塩辛。

日本酒グイグイいけそう。

【自家製カラスミ】

カラスミが不味かったことなんて一度もない。

けど。

こんなに分厚くて贅沢で旨いカラスミはなかなか無い。

【あん肝と蒸しあわび】

蒸し鮑はね、食べたことがある感じの、ただの旨い蒸し鮑。

プリプリ食感はそのままに、どこをどう噛んでも噛み切れるくらい柔らかい。

 

でね。

 

問題はあん肝ですよ。

かなり丁寧な表現で、落ち着いて味を伝えますと。

 

 

 

最強に旨ぁい!!!!!!

 

すごいよこのあん肝!!!!

これちょっとすごい。とんでもなく旨い。今まで食べたあん肝とは一味も二味も違う。

【鰆の西京焼き】

あん肝の衝撃がすごすぎるけど、これも素晴らしく旨いですよ。

身がフワッフワ。

【イカ】

ようやく握りが登場。

まずはイカから。

歯ごたえがあってさっぱりした淡白な味。

【昆布締めの小鯛】

うわーーー!!

有名店とかでよく見る手渡し!!!!

昆布が小鯛の旨味をすごくよく引き出してくれて、めちゃくちゃに旨いです。

【さより】

旨いっすねほんと。

シャリもさ、ほろほろっと崩れる程度の握り。

ネタとの素晴らしく融合する。

【赤身】

赤身の旨さを知ったのは大学を卒業してからでした。

安い部位だと思ってたんですよ。

赤身ってのはマグロの旨さをめちゃくちゃ感じられる部位なんすね。

脂身無しで直にマグロが旨いって思える。

【漬けマグロ】

醤油の旨味が染み込んだ赤身。

ありがとうございます。

【中トロ】

きゃーーー!!!!

なんだかんだ言っても脂身の甘さとトロっトロな身は最高っす。

【大トロ】

ぎゃーーーーー!!!!

大トロを!!

手渡し!!!!!

 

口に入れたら溶けて無くなった。

旨すぎ。

【こはだ】

いいっすね。

ここでお酢の酸味でキュッと締める。

【カワハギと肝】

これ・・・何ですか・・・。

 

お寿司の王様ですか・・・?

 

恥を承知で言いますよ。

 

 

一番旨い。

 

なんなんですかこれ。

自分の寿司史に大きな功績を残す1貫。

ちょっと良い表現ができないんですよ。

旨い。美味しい。味が良い。最高。

【蒸し白子】

カワハギの握りが旨すぎて、白子が普通かと思ったわ。

旨いよ旨い。

【ボイル海老】

かなり大ぶりです。

口の中でボイル海老がいっぱい。

海老の旨みでいっぱい。幸せ。

【うに】

美しいですね。

美味しいですね。

足りないですね。

【玉子焼き】

甘い甘い玉子焼き。

もはやデザートと言っていいレベル。

ぷるんぷるん。

ガリ

そうそう。ガリがこういうカットで出てきて。

これがまたすごく旨くて。

これだけでしばらく飲めそう。

飲み物

これはチェイサー。

総括

素晴らしい品数のコース!

でもこの中で特に最高だったのが、【あん肝】と【大トロの握り】と【カワハギと肝の握り】。
完全に突き抜けてた。

あん肝は間違いなく人生最高クラスでした。
あのあん肝で痛風になるなら仕方ない。

カワハギの握りも凄すぎた。

 

味・・・3.9

サービス・・・3.9

雰囲気・・・3.9

コスパ・・・4.0

総合・・・3.925

 

これだけ食って飲みまくって21000円でした。
このレベルでこの値段は明らかに安い。

まあ21000円の食事なんてなかなかできないけど。

季節を変えてまた訪問したいです。
ご馳走様でした!

お店情報

関連ランキング:寿司 | 阿佐ケ谷駅南阿佐ケ谷駅

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です