ANOVAで牛タンブロックを低温調理してみたら、とんでもない旨さになった。

フィリポビッチ(@filipovic102)です。

低温調理レシピシリーズです!

お店のクオリティ!低温調理器ANOVAで作る超しっとり極ウマチャーシューレシピ!

低温調理器ANOVAで作る激旨ローストビーフレシピ!最適な温度と時間は?

今回は・・・。

 

 

牛タン!!!!

 

 

牛タンの低温調理ですよ。

牛タンのブロックなんてなかなか家で調達しないよね。

その辺のスーパーにも売ってないし、買うとしたらネットしかないっすね。

準備するもの

調理器具
  • ずん胴の鍋
  • ジップロック
  • ANOVA
  • フライパン
材料
  • 牛タンブロック 500g〜
  • ブラックペッパー(肉の表面全てにまぶす程度)
  • 塩(肉の表面全てにまぶす程度)

 

なかなかグロい。

牛タンをブロックで調理することなんてないからね。

パンチあるわ。

 

 

これが安くてめちゃくちゃに旨かったです。おすすめ。

手順

はい、これはもういつも通りです。

ANOVAで設定した温度のお湯にぶっ込んで待つだけ。

 

①ずん胴の鍋に水を入れて、ANOVAをセットし、温度と時間を設定しておく(温度が上がるまで時間がかかる為)。

僕のレシピは59℃で10時間

時間短縮のため、温かいお湯を先に鍋に入れておいた方がいいです。水からANOVAで設定温度まで上げるには結構時間がかかります

 

②牛タンブロックの表面全体に塩胡椒を振りかけてジップロックで真空パック。

塩胡椒は肉の表面全体に塗りたくるイメージ。

真空パックするときは、肉が全て入るくらいの大きめの容器に水を入れて、ジップロックごと水に入れて行く。口から水が入らないようにギリギリのところまでジップロックを浸すと真空状態に近くなるので、そこで口を閉じる。

④ANOVAが設定温度になったことを確認して、③のジップロックを鍋に投入して10時間待つ。

かなり長時間になるんでね、万が一ジップロックが浮かび上がってこないように、画像のように洗濯バサミでジップロックを固定するのがオススメ

⑥時間が経過したらジップロックを取り出して、もう一度塩胡椒を振ってメイラード反応を。

ANOVAから取り出してみるとこんな感じ。

ある程度汁が出ちゃうのは仕方ない。

これをバーナーかフライパンの強火で焦げ目をつける。

切ってみると。

旨いに決まってる。

 

こんなブロックでタンを食べることなんて無いよね。

タレを作る。

タレはわさび醤油とか塩だけとか色々やってみたけどね。

ネギ塩ダレ一択です。

材料
  • 長ネギ3分の1
  • 鶏がらスープの素(小匙1)
  • ごま油(小匙1)
  • 炒りごま(お好み)
  • レモン(4分の1個)

長ネギをみじん切りして他の材料を混ぜるだけです。

レモン汁とかじゃなくてレモンを絞るのが絶対良いです。

実食

最高でした。

 

低温調理の真骨頂ですよ。

低温調理でこそ成せる技。

写真手前のブロックなんて、余裕で噛み切れちゃう。

 

爆裂に旨いですこれ。

 

お酒のつまみにもご飯のお供にも最高。

 

まとめ

これはめちゃくちゃ大成功でした。

素晴らしく旨いっす。

間違いなくお店でしか食べられないレベルのタン。

 

人を家に呼んでパーティーするにも最高だし。

仕込んでキャンプに持って行っても最高です。

いろんなシーンで確実に盛り上がる。

 

次は低温調理で何を作ろうかしら。

 

ANOVAマジで凄すぎる。

【超オススメ家電】低温調理器ANOVA(アノーバ)の取扱説明書。自炊を超える。

 

 

今回お世話になったこの牛タンが旨くて安いっすね。楽天市場で買いました。

 

【チャーシューの低温調理レシピ】

お店のクオリティ!低温調理器ANOVAで作る超しっとり極ウマチャーシューレシピ!

【家具家電のレビューサイト】

素敵なLifePlan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です