飯田橋【七宝麻辣湯 飯田橋店】麻辣湯にハマるかも!山椒と唐辛子の辛さがたまらない!3.6

食べたことが無いものって、めちゃくちゃ興味が沸くんですよね。

国内旅行に行って初めて食べる郷土料理だとか、海外旅行に行って初めて食べるその国の料理・食材だとか。

高級店とかに行って出てくる食べたことのない高級食材とかね。

なんだか自分の食の辞書のページが増えるような気持ちになるし、楽しいんですよ。

ただ。

 

 

そういう食べ物って、大体がまあまあなんすよね。

 

 

フィリポビッチ(@filipovic102)です。

 

僕は麻辣湯というものを食べたことがない。

グルメブロガーとして、食べたことがないというのは恥ずべきことだと思う。

麻辣湯(マーラータン)ってのは、中国で大人気の数十種類のスパイスから作られた辛いスープに春雨が入ってるやつ。山椒と唐辛子の辛さが際立つ旨辛の食べ物っすね。

元々辛いものは好きなんでね。単純に興味はものすごくありました。

つーことで平日休みを利用して行ってきました【七宝麻辣湯 飯田橋店】。

旨くて辛い!具材選びも楽しい七宝麻辣湯 飯田橋店!

2018年8月1日(水)、12時35分、1名。

入店すると、山椒だの薬膳的な香りが漂う。そして八百屋のような光景が広がる。

麻辣湯に入れるものをこのショーケースから3つ選べという話。

このシステム、下調べして入ったからすぐに理解できたものの、フラッと立ち寄った人にはシステムがわからないと思う。

まあ確かに、下調べもせずにこの手のお店に入ることは少ないとは思うけども。

僕は小松菜ととり団子とヤングコーンをチョイス。

カウンター席とテーブル席が3つあるけど、テーブル席1つが空いてたのでテーブル席へ。

席に着くなり、店員さんが僕のチョイスした具材が入ってるザルを取りに来て、辛さを聞いてくる。

オススメと書いてある辛さ2を選択。

3分程で麻辣湯の到着。

まずはスープ。

想像通りといえば想像通りなのかもしれないけど。

 

ただただ旨い。

 

山椒の痺れる辛さと唐辛子のヒリヒリする辛さのバランスがめちゃくちゃに丁度良い。

なんだよすごい旨いじゃないか。

さて、春雨はどうか。

春雨じゃ軽すぎて物足りないんじゃないかと心配していたけど、これはこれで良い。

良い具合にコシもあって、スープにもかなり馴染んでる。

具材に関しては、小松菜だけは正解だった。

後は普通ですね。

途中から追い山椒して辛さをプラス。

これがたまらん。

ニンニクも途中で足してみたけど、これもかなり良い。

 

スープうますぎるだろ。

 

スープは辛いけど旨味の方がすごい。

たまらず全部飲み干してしまいました。

 

そして、これで720円というコスパ。

 

具材追加一つにつき110円、春雨大盛り110円。

ご飯とかもあったな。確かにご飯と合わせたらめちゃくちゃ旨そう。

総括

やばい。

これは麻辣湯にハマる可能性が出てきた。

 

味・・・3.6

サービス・・・3.5

雰囲気・・・3.6

コスパ・・・3.7

総合・・・3.6

 

初めて食べたけど、しっかり旨かったです。

これ、このお店自体が旨いのか、それとも麻辣湯自体がそもそも旨いのかまだよくわからない。

他も検証する必要がありそうだな。

ちなみにこちらのお店は赤坂と渋谷にもあるそうな。

まあ津田沼在住の僕が行くとすればこの飯田橋店になるかしら。

 

ご馳走様でした!

 

関連ランキング:ラーメン | 飯田橋駅九段下駅牛込神楽坂駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です