お店のクオリティ!低温調理器ANOVAで作る超しっとり極ウマチャーシューレシピ!

チャーシューを食べるタイミングってさ、ラーメンの上に乗ってるときか、ラーメン屋にチャーシュー丼があるときか、中華屋で飲むときくらいじゃないすか。

でも、食べるとすごい旨いわけで。

 

それなら自宅でお店クオリティのチャーシューを作っちゃおうよ!つってね。

 

フィリポビッチ(@filipovic102)です。

【食べ飛びナイト】低温調理器ANOVAの可能性

 

低温調理パーティー【食べ飛びナイト】で作った低温調理の肉料理のレシピ公開です。

ANOVAを購入してからというもの、低温調理の実験を繰り返し、それなりに自分の好みに合った逸品が作れるレシピが完成しました。

低温調理は簡単といっても、どれくらいのお肉を何℃で何時間調理するかによって、かなり味わいが変わってきます。

その適切な温度と時間を調査するのに時間がかかりました。

準備するもの

調理器具
  • ずん胴の鍋
  • ジップロック
  • ANOVA
材料
  • 豚肩ロースブロック(250〜300g)
  • ニンニク1片(面倒ならおろしニンニクチューブ)
  • 生姜1片(面倒ならおろし生姜チューブ)
  • 長ネギの青い部分

【チャーシューのタレ】

  • お酒  大2
  • 砂糖  大3
  •       少々
  • 醤油  大6
  • オイスターソース  大2
  • 胡椒  少々
  • 八角  1個(お好みで)

 

手順

めちゃくちゃ簡単に言ってしまえば

タレを作ったら肉と材料とタレを全部ジップロックに入れて真空パックして、ANOVAで設定した温度のお湯にぶっ込んで待つだけ。

 

以下少し丁寧にご説明します。

①鍋に水を入れて、ANOVAをセットし、温度と時間を設定しておく(温度が上がるまで時間がかかる為)。僕のレシピは57.5℃、4時間。

②チャーシューのタレを作る。タレの材料を小さい鍋に全て入れて、煮立たせてお酒を飛ばせばOK。

③タレを煮立たせる間にニンニクと生姜と長ネギを切っておく。

④ジップロックに豚肩ロース、③の材料、チャーシューのタレを全て入れて、肉がタレに浸るように真空パックする。

⑤ジップロックを57.5℃になった鍋に投入して、4時間待つ。

画像はイメージです。温度と時間が違ってる。

⑥時間が経過したらジップロックを取り出して、バーナーで周りに焦げ目をつけるか、フライパンで強火で焦げ目をつけるかしたら、食べるサイズに切って完成。

こんな感じのしっとりジューシーで柔らかすぎるチャーシューが出来上がり。

このままで酒のつまみに最高っす。

 

こんなのさ、ご飯にチャーシューと白髪ねぎと卵黄乗せたら最高のチャーシュー丼でしょ。

まとめ

いろんな温度と時間でやってみたけど、僕はこの57.5℃で4時間っていうのが効率と美味しさのどちらも兼ね備えてるレシピだと思いますね。

 

普通の家庭で食べられるクオリティは超えてますね。

 

ANOVAさえあれば簡単にプロ並みのチャーシューが失敗無しでできちゃいます。

 

今後も少しずつ低温調理の研究を重ねて、プロ並みの肉料理が作れるようになりたいと思います。

【牛タンのレシピ】

ANOVAで牛タンブロックを低温調理してみたら、とんでもない旨さになった。

【ローストビーフのレシピ】

低温調理器ANOVAで作る激旨ローストビーフレシピ!最適な温度と時間は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です