【6泊8日モルディブ新婚旅行】新婚旅行はモルディブに行け!モルディブの魅力と準備から出発まで。

新婚旅行といえばどこに行きますか。

グアム?ハワイ?イタリア?フランス?カリフォルニア?
いや違う。

 

モルディブ一択です。

 

 

フィリポビッチ(@filipovic102)です。
僕、2016年の12月に結婚式を挙げたんですけど、そのあと2017年1月にモルディブへ新婚旅行に行ったんですね。
その旅行があまりにも最高すぎて、細かい記録として書き留めておきたいという気持ちと、全力でオススメしたいという気持ちがありまして、これから数回に分けてモルディブ旅行の記事を書いていきます。

一生に一度の新婚旅行に最高すぎる旅行先ですよほんとに。

 

というか、新婚旅行じゃなくても最高は最高なんで、僕はまたいつかモルディブに行こうと思ってます。

まずモルディブはどんなとこ?

正式名称は【モルディブ共和国】。インド洋の北部に位置するたくさんの島からなる国です。

おじさんおばさんはたまにモルジブと言いますね。グアムをガムと言う人種だと推測します。

モルディブにはリゾート島が100個くらいあって、島1つがリゾートになってます。その島にホテルは1つしかないってこと。

 

旅行中に島から出ることは無いです。

 

まあオプショナルツアーとかでどっか遊びに行きましょうとかはあり得ますけどね。

島自体は歩いて15分から30分程度で一周できちゃうくらいの大きさが多いです。

だもんで、このリゾート選びに失敗すると終わりです。

こだわるところはこだわらないと、痛い目に遭うと思います。



気候と天気は?

モルディブは高温多湿の熱帯気候と言われております。気温は26〜33度で、年中あまり変わらない常夏の国です。

11月〜4月が乾季、5月〜10月が雨季で、僕が行ったのは1月ですから、乾季真っ只中です。

この乾季の時期はどうしてもツアー代金が高くなるわけです。

ちなみに僕は1月に7泊8日で行ってきたんですけど。

 

滞在中雨が降ったのは5分程度でした。

 

でも、現地の人も言ってたんだけど、雨季だからって毎日毎日雨が降り続けるわけでもなくて、1日の中でザッとスコールが降るくらいだったりもするみたい。

とりあえず僕が行った1月は半袖短パンでめちゃくちゃ過ごしやすい気候でした。

通貨は?レートは?

モルディブの通貨はあるみたいだけど、リゾートに行くだけならUSドルだけでイケます。

それに、ほとんど現金はいらないです。理由は後述しますけども。

ドル円のレートはまあ行く前にチェックすりゃいいね。

というか、カードを切ればいいので両替は不要ですね。

楽すぎる。

費用はどれくらいかかる?

ここが気になるところですよね。あくまで僕が支払った金額ですが。

 

 

1人50万です。

 

 

ヤバいよね。どこの富豪だよって。

でも、別に高くなかったって思っちゃうんですよ。すごいんですよモルディブ。

最高なんですよ!!マジで!!

 

まあね、上にも書いた通り、時期をずらしたり一部のこだわりを捨てれば、同じリゾートでも30万円程度に抑えられるんですよ。

僕は次に行くときは35万以内に抑えて行きたいと考えてます。

 

ちなみに僕が新婚旅行でこだわった点は

  • 水上ヴィラ(水上コテージというやつ)
  • オールインクルーシブ
  • 乾季に行くこと
  • 8日間の休暇をフルで使う
  • 欧米人の多いリゾート
  • 食事の満足度が高いこと

といった感じです。

僕が見つけたリゾートは【コンスタンス・ムーフシ】というところでした。

オールインクルーシブなんでね、食事とか飲み物も全てツアー代に含まれてます。向こうに行ってから掛かる費用はオプショナルツアーとかスパくらいでしたね。

 

だもんで、向こうにいる間、財布もほとんど持ち歩く必要が無いんですよ。

 

 

現金を持ち歩く必要が無いっていうのもそういうことです。

海外旅行特有のスリに遭う怖さとか、周囲への警戒とかは皆無。

そういうストレスが全く無いというのも魅力の一つ。

それと、移動もまあまあ時間を使うんで、旅行日数は最低でも6〜8日はあった方がいいと思いますね。

旅行の準備

ダナンの記事でも書いたけど、リゾートに行くときって、特別用意するものって無いんですよね。

  • 変圧器
  • 日数分の着替え
  • 水着
  • サンダル
  • 向こうで読む本
  • 日焼け止め
  • 運動用の着替え
  • 携帯の充電器

モルディブに関してはね、タオルとかも毎日使い放題だし、毎日替えてくれるし、少しお金を払えば洗濯までできる。

僕は向こうでジム通いをするつもりだったんで、運動用の着替えとかも持って行きました。

準備する物なんてこんなもんですよ。1つの島に滞在するだけなんでね、旅行本も要りません。

旅行会社

モルディブ旅行はね、モルディブのツアーに強い旅行会社ってのがあるんですよ。

大手旅行代理店でも良いんですけど、モルディブツアーに強い旅行会社だと、案内も細かかったりツアーの種類も多かったりします。

僕はSTWという旅行会社を利用しました。

何一つ不自由無く利用できましたね。

まあこれは各自で良いところを探して予約する方がいいです。

ちなみに、モルディブ旅行はホテルと航空券を別々に予約するよりは、旅行会社のツアーで申し込む方が安くなると思います。

いざ出発

1日目は移動です。

僕らの場合は成田空港から香港を経由してモルディブの首都マレへ。

モルディブに行くときにはドバイだとかスリランカとかも経由できるんで、その辺に1泊する人もいるみたい。

 

そんなのはダメです。可能な限り目一杯モルディブに滞在してください。

 

成田空港を10時半に出発

しばらく食べられないであろう寿司を成田空港で朝飯として食べて。

成田空港を出発!

昼過ぎの機内食。ビーフorチキンのビーフを選択。全然旨い。

写真は食い散らかした後だけど、今回ハネムーンってことでケーキが出ました。

めちゃくちゃ旨くて幸せな気分になるけど、機内食の後に2人で1ホールは無理。

でも頑張って食べたと思う。

香港を経由してマレへ

香港では本当に乗り継ぎだけ。

 

 

そして。

モルディブの首都マレに21時半頃到着!!

この日はもう遅いんでね、一旦マレの近くのビジネスホテルに泊まることになってます。

22時半にはチェックイン。

明日からのリゾート生活にはしゃぐ嫁。

このホテルで何をするわけでもないけど、全然綺麗だし良いホテル。

22時半とは言ったものの、これ現地時間ですからね。

 

日本時間だと夜中の2時。丑三つ時。

 

モルディブの方が日本より4時間遅れてるんです。移動に丸一日以上かかってるというわけですよ。

翌日からのリゾートに備えて早く寝なくては。

次の記事からいよいよリゾートです。

次からは浮かれ狂う姿をお見せすることになりますのでご容赦ください。



【6泊8日モルディブ新婚旅行】ラグジュアリーなオールインクルーシブリゾート コンスタンス・ムーフシ

【6泊8日モルディブ新婚旅行】ムーフシでの最高に旨い贅沢ビュッフェと贅沢コース料理をご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です